2007年05月22日

結婚式当日/挙式

2007年5月20日
とうとうこの日がやってきたーという感じです。

が、朝食から友人一行と一緒(笑)
さすがに席は家族と一緒に座ったけど、当日とて友人と一緒なのが「らしい」と思ったり。
新婦は準備のために朝一で朝食食べるのはわかる。
しかしこの友人たちの出る時間はまだ後でいいはず。
朝食が早かった理由が、スーパーヒーロータイムのため、なんですもの。
結婚式にさんかする本当に直前までいつもと変わらない風景がやっぱり「らしい」。

で、私は準備のために一足先に会場へ。
予約したタクシーの運転手さんが気さくな人で、会場まで楽しくおしゃべりしていました。
趣味で神戸のいろんな風景を写真に収めているそうで、明石海峡大橋のてっぺん(普段は上がれない)から撮った写真とか気に入った写真を3枚いただきました。
ありがとー。
いい思い出です。

会場に着いてからは早速準備。
ドレス着るまではガウンで過ごすんですね。
そのままお化粧してもらったりヘアメイクしてもらったり。
トイレにもガウンのまま行くものだから、ほかのお客様にみられないタイミングを図って、「今だー」とトイレにかけこむのです(笑)
支度部屋にトイレが併設してあると便利なんだろうけど、やっぱりレストランでは難しいのね。
お化粧もヘアセットも完了して、初のボディファンデーションも塗ってもらって、いざ、ドレスへ。
今日着ちゃったらもう着られないと思うと勿体ないなぁって思ってしまいました。
でもやっぱドレス着るといよいよだなーって感慨深くなったりして。
でも、彼も全然緊張してなくて、無駄話ばっかりしてました。
そこに、友人Aと友人Hが控え室をのぞきに来て。
ふつう、みんなに披露するまで見ないんじゃないかと思っていたけど、やぱり「らしい」ので許す。
彼もヘアセットしてもらって、初のお化粧してもらって(この夜は二人でクレンジングしました/笑)いざ、写真撮影。
お庭で2ショット撮ってもらいました〜。
またその際に友人Aと友人Hが乱入(笑)
お互いの両親は廊下から覗いてました。
友人の方が近いし!

その後は挙式リハーサル。
お父さんのエスコートで腕を組んでバージンロードに立ったとき、感極まるものがありました。
が、お父さんはかなりの緊張で汗かいてるし、私はドレスの裾を踏む踏む。
もう泣くどころじゃありません。
神父さまとも初対面。
とっても穏やかな方だなという印象。
挙式の進行は覚えきれなかったので、もう神父様のフォロー頼み。
とりあえず一通りリハーサルして、教会の後ろでの控え室へ。
親族、友人たちが教会へ案内される間にようやくお父さんへお礼のご挨拶。
ここでひと泣きして、まわりのスタッフさんにフォローしてもらって、お化粧直して。
気分転換に歩く練習をしていました。

いよいよ挙式スタート。
最初に新郎が待っているところへ従妹がリングを運んでくれて。
さぁ出番です。
「いってらっしゃいませ」って送り出されるんですね。
裾を踏まないよう蹴り上げて歩く。
歩調をお父さんと合わせて。
顔はまっすぐ。
なんて必死になっていたのですけど、途中で友人の姿を横目でとらえたらもう涙腺緩み始めて。
お母さんの顔みたら堰が崩壊しました。
新郎に委ねられて、二人で神父様の前へ。
お祈りと賛美歌。
賛美歌は歌い手さんの声よりお父さんの声の方が大きくてそっちが気になっていましたよ
しかもお父さんの声に、また涙腺崩壊するし。
こんなに一生懸命歌うお父さんって居ないんじゃないだろうか。
あんまり早くから泣くものだから彼が拭きなさいって合図してきて、ハンカチ当てたら収集つかなくて。
でも式は進むしで結構焦って、神父様が何していたのか途中の記憶が。。。
とりあえず、指輪交換して、彼の節が太いから指輪が入りきらないので
早々に諦めました。
後から、「諦めるの早すぎ!」って彼に言われたけど(笑)
証明書にサインして、二人でバージンロードを戻って挙式終了。
すっごく緊張はしなかったのと、ずっと彼を見ていたので終わった感じ。
やっぱり一番幸せな瞬間でした。

親族の集合写真を撮ったあとは、ヘアチェンジをして披露宴へ。


posted by 庵 at 18:05| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | bridal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。