2007年05月23日

結婚式当日/披露宴

披露宴というか、メインは食事のつもりだったのでお披露目食事会。
スピーチも、余興もない、たぶん型には嵌っていない形式だったんだと思います。
でも、担当のプランナーさんがとても話を聞いてくれる人で、私たちの意向を汲み取って無理にいろいろ進めてこられなかったので本当にありがたかったです。

これから結婚する(かもしれない)友人へ
たぶん、私の式は参考にならないから。
プランナーとの相性は一番大事かもしれない。

親族だけなので受け付けも形だけ。
友人Hと友人Cにお願いして、芳名帳も1ページ目で終わる人数だから手作りのゲストリストを作成。
出席確認できた人からお花のシールを貼るように作りました。
思いつきで作ったので、不備もあったけど。
いい思い出です。
受付どうもありがとー。

実際の会場は思った以上にスペースは広くなくって。
来賓(正面)の友人テーブルが目の前。
これにはびっくりでした。
が、ふつうに高砂席から友人たちと話ができる絶好の距離でした(笑)
ゆっくりたくさん話ができてよかった。
お互いの親戚の席もゆっくり回れたし。
席札のメッセージカードも直前に書いたものだけど、叔父さんは泣いて喜んでくれたそうで。

一応、ケーキカットとか生い立ちDVD流して紹介とかブーケトスは失敗しそうだったのでプルズをやりまして。
見事ブーケを引き当てた友人Jに友人一同びっくり。
次を期待しているよ。
チャームもそれぞれ結構収まるとこに収まったようで。
やっぱりこういうのって引き寄せる星があるのかと思いました。

料理は皆様から好評なお声をいただいて、テラスでもデザートビュッフェも好評だったようで。
一番こだわったところが伝わったようで本当によかった。
テラスでも友人とおしゃべり&写真撮影。
従兄がお姫様抱っこしてくれたり(ふつう、旦那だろう!)、いい思い出です。

最後に、恒例の手紙。
もっとぐだぐだになって読めなくなるかと思ったけど、泣きながらも結構冷静に読めまして。
家族一人一人の顔をゆっくり見ながら、本当に感謝きもちでいっぱいでした。
孝行、もっとしておけばよかったとつくづく思います。

こんな結婚式でした。
人数も少なくて、来賓いなくて、型破りだったのかな。
まぁ、「よかった」の声が聞けて私もよかった。
ただね、新郎がコースを完食したことにびっくりだよ。
担当の方も「初めてです」だって。
やっぱ、らしいなぁ。


posted by 庵 at 16:44| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | bridal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。