2005年07月24日

鋼、観てきました

えー、どこから書いたらいいものか。。。
とりあえず、叫んどきます。

アルちゃん、おめでとう!!!!黒ハート

はーっはーっ(ゼイゼイ)
注)ハイデリヒと同じ病ではありません

劇場版 鋼を見た率直な感想は、「幸せ」でした。
兄弟好き〜、弟アルフォンス好き〜にはたまらない結末で、とにかくもう幸せだなぁと、頬が緩んで緩んでしかたありませんでした。


話はさかのぼって、2日前。
鋼祭り前夜祭と称して、友人H宅に泊り込みました。
当日に、仕事で時間休を貰い、定時2時間前に友人Hと合流。
この日は友人Hの大学時代の友人2人も交えての鋼前夜祭となりました。
かなり、濃い時間だったので、この前夜祭についてはまた今週中に覚書しましょう。

そして、寝たのか寝てないのか分からないうちに劇場版公開当日。
朝イチから公開している劇場に向かうものの、なんと!満席の表示が。
前日の夕方には、まったくその気配も無かったのに・・・
それでも、5人の仲間が別々に座る分の席はあったので、それで着席。
隣に居たカップルの人、私たちが席を占めたので立ち見になっていました。
ごめんなさい。
この世は弱肉強食の世界です。
勝者がいれば、敗者がいるのです。

そして、各々、様々な思いを寄せて公開を待っています。

アルちゃん、アルちゃん、アルちゃん揺れるハート
兄さんと幸せになって、お願い!
(←ネタバレ、シナリオブックは見ていません)

oh〜my〜ロイ〜〜るんるん(←一部誤り有り)

M島呪う、呪う、呪う。

ハボ出る〜軍部出る〜それだけで幸せ〜

そして、幕開け。

えっと、ネタバレ、になるよね??
詳しくは、感想で詳しく覚書します。

LOST HEAVENにのせて、劇場版終了。
タイトルからも、歌詞からも、結末を予想するのが怖かったのですが、いやーよかったv
結末が分かった状態で聴くLOST HEAVEN。
聴き方が変わりました。
で、とにかく幸福感で包まれた私ですが、、、

立てない?

咄嗟に立ち上がろうとしても、立ち上がれませんでした。
かるーくキタんだとおもいます(笑)
先に劇場から出ていた友人たちと合流し、各々の感想吐き(毒吐き)大会。

結論。
ロイ好き〜には、苦いお話。
出番を削った某M島への怒りと呪の言葉でいっぱいでした。
→ロイ好き〜は劇場版を亡きものと認識し、原作唯一主義になります。

軍部(ハボ)好き〜には、意外にも良かった、とのこと。
公開間際まで出るのか出ないのかも不明だったことを考えれば、これだけ出てきたことは嬉しい悲鳴だそうです。

そして、兄弟好き〜にはもう、幸せ
兄弟の再会を願ってやまなかった私を含む兄弟好き〜は、たまらない結末でした。
アルの兄さんに対する愛情がもう、大き過ぎて目も当てられないくらい。
大勢の人たちを前にして、何の衒いもなく愛を語っていましたよ。
うははははは〜
笑が止まらない〜
勝者がいれば、敗者がいるのです(ブラック登場)

世の中のロイ好き〜を敵にはまわしたくないので、付け加えますと実はロイ好きなんですよ。
たしかに、ロイけちょんしますけどね〜(笑)
アニメ版ロイは突っ込みどころ満載でかなりけちょんしてますが、彼の采配能力にはかなり脱帽です。
そして原作ロイは素直に認めてますので。

ただね、それ以上に兄弟好きなんですよ。
そんなわけで、兄弟好き〜な自分にとっては、幸せ、それだけでした。
この後、同じ仲間と再度見て、レイトショー時間帯に友人Hと友人Jとさらにその友人と共に見てきちゃいました。
本気で1日に3本も映画観ちゃったよ。
しかも、同じタイトル(笑)
いい夏の思い出になりました。


追記。
中身に触れてないので、かなり消化不良です。
今週は、鋼週間として1週間劇場版鋼について語りたいと思います。
なぜなら鋼の先行公開後あまりにもネタバレが多くでたので、ネット絶ちをして見ないようにしていたので、語りたいこと、見たいこと沢山あるのですよ。
なかなか更新しない筆不精ですが、この鋼週間がんばります(笑)

追記その2。
一昨日から引き続き友人H宅にのさばっております。
現在も、友人H宅で更新中。
なので、ユーザー名が友人Hにばれてしまいました。
誰にも言わないようにしていたんですよ。
なのに、なのに。。。。
もう、この際なので公開します。

増田 淡虞

ね?これでロイ好きなの分かったでしょ?
posted by 庵 at 15:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

勝ち組兄弟ファン 負け組軍部ファン
Excerpt: 鋼映画、各地で悲鳴と嬌声と歓声が上がっていることと思いますが 個人的にはアニハガ劇場版としては満足の行く作品でした。 庵さんのブログ感想があまりにも面白かったので、トラバさせて 貰いましたが、とりあえ..
Weblog: ロイたん通信
Tracked: 2005-07-24 16:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。