2006年08月28日

ブライダルフェアってすごい!

26日彼との旅行の帰り道、ふと思い立って、前々からいいなぁと思っていた式場の相談会にでかけました。
挙式の予定があったので、中はチャペルしか見られなかったけど、桜をテーマにした、山と木曽川と手入れの行き届いた芝生がとてもきれいなところです。
担当についてくれたお姉さんの説明もよくて、ここにしよう!って決めてしまいたいくらい気に入ったのですが、さすがにン百万かかる買い物(?)は衝動買いできないですね。

なので、次の日には神戸でいいなぁといっていたレストランのブライダルフェアに飛び込みで参加しました。
通常のブライダルフェアは朝10時〜夜7時くらいまであるんですね。
完全予約制とかってゼクシィにはありますが。
当日の朝9時に電話をかけて、予定があるので2時間くらいで説明してください、というとんでもない要求をしたのにもかかわらず、
ノンアルコールカクテルのトロピカルジュースでおもてなししていただいて、館内とチャペルを案内してもらい、説明と見積もりを出してくれて疲れた頃にマンゴージュースとケーキとシャーベットとフルーツのシロップ漬けをいただいて。
餌付けされたようです(笑)
神戸って食事が美味しいのですけど、さすが神戸。
どれもシェフの手作りで、本当に美味しくって。
美味しい食事をパーティーで楽しんでもらいたいと思っているので、これはこれでいいなぁと。
かなり、5:5で迷い中。

友人達にも、来てもらえたらなぁと実は考えていて。
式場と一緒に考えていますので、希望とか意見とかアイデアとか、いろんな考えが聞きたいです。



ちなみに、昨日の予定は、タカノリのコンサート。
2時間で必至に説明してくれたKさん。
予定があることをすごく気にして、一生懸命になってくれてありがとう。
とてもタカノリのコンサートがあるので・・なんて言えませんでした。

ツアー最終日だったコンサート、最高だったね!
一緒にお供してくれたIちゃんも、ありがとう(^-^)


posted by 庵 at 21:53| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | bridal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

昨日は京都デート

京都駅ビルの空中径路。
あいにくの雨で京都の夜景はぼやけていましたが、京都タワーが真正面に見える展望スペースで。
ピンク色で統一されたバラやカーネーションの花束をもらって。
ようやく、プロポーズされました。

都路里で抹茶カステラパフェと白玉パフェを二人で食べて、
円山公園の桜を見て歩いて、
知恩院の桜を写真にとって、
祇園と先斗町をぶらぶら散策。
先斗町の細い路地にあるオムライス専門店でお昼を食べて、
寺町、新京極をぶらぶらデート。
歩くのに疲れたら、京都の老舗イノダコーヒーかスマートコーヒーどちらに行こうか、なんて話しをしながらスマートコーヒーでホットケーキとコーヒーでお茶して。
彩香堂のお香を買ったり、雑貨屋さんを覗いてみたり、
今度は和服デートがしてみたいとねだってみたり、
ほんとうに普通(←ここが大事)なデートを楽しみました。

で、デートの締めくくりにプロポーズ。
待っていた感はあるので、「ようやく」という安心した感覚と、「これから」という引き締まった気持ちが入り交じった不思議な感覚です。
以前から心に残るプロポーズをして欲しいと冗談半分でねだっていたけど、彼のことだから響かないかな、と諦めてもいたり。
そんな彼が改まって言ってくれた言葉は、とてもありきたりだけど特別な言葉でした。
5年も付き合っているとなれ合いになったり、茶化してしまったりで、きちんと向き合わなくても事が済んでしまうことも多くなるけど、改まって向き合う大切さもあるんだなぁ、と実感した日でもありました。


さっそく今日、両親、家族には結婚したい意向を伝えました。
お父さんはちょっと驚いて、戸惑ったような笑顔で、でも反対はしませんでした。
お母さんはお父さんがいいなら、と。
きっと今日一日両親はいろいろ話し合ったんだろうと思うけど、とくに何も言われませんでした。
祖父母は少し淋しそうで、でも幸せになってくれるならと喜んでくれました。

次は挨拶。
posted by 庵 at 23:51| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | bridal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

恋人はリアリストだけど、信心深い。

彼の実家は、従来から受験、転居、病気の治療など転機の行く末や日取りを占ってもらってから行動する考えの方達です。
結婚を決めたら相手との相性や互いに気をつける点なんかをみてもらうように、と彼も言われていて占ってもらってきました。
前日には、相性が最悪だったら結婚もできないかも、と半分脅されていたので内心かなり心配になりながら結果を待ちました。

結果、相性は良い、とのこと。
私は強情で我が強いけど、精神面で繊細で弱い、と指摘されたそうです。
でも、彼と結婚することで運気が上昇するらしい。

生年月日と名前だけでこんなことが分かるのが不思議だけど、言われると信じてしまいます。
結構私も信心深い方なので。

気になっていた相性は問題なく、これで彼のご両親は結婚について認めていただけるとか。
まだ挨拶どころか、顔すら合わせたこと無いのに認めてしまって本当に大丈夫なのだろうかとかえって気になるくらいだけど、それでいいらしい。


ちなみに、結婚の日取りは来年は年は良くないけど日にちを選べば大丈夫だと言うことで、日取りを決めるときもまた占ってもらうことになりそうです。
posted by 庵 at 23:19| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | bridal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

序章 告白

とうとう彼が、親に結婚する気があることを伝えたそうで。
仕事から帰ったら、珍しくすぐに電話があって、突然
「親に言ったから」
とのこと。

そりゃもうびっくり。
そんなこと事前に聞かされていないし、そもそもプロポーズはまだされていないのですが・・
親の方針で、結婚相手との相性を占って(?)もらうそうです。
その結果でプロポーズしてくれる予定だそうです。
占ってもらうのは27日。
そのあと逢うのは4月1日(土)。
その日にプロポーズしてくれる可能性大のようです。

4月1日。

4月に馬鹿になろう、ということかしら。
嘘か、本当か。
本当にXデイ(笑)が4月1日だったら、どうしたらいいのでしょうね。
そして、いい意味で一生思い出に残るでしょう。


とりあえず、彼のご両親は一人息子が結婚すると言ったことに対して、特別何も言われなかったようで一安心。
彼のお母さんは私の干支を聞いたようで、自分と同じ酉だから騒がしいだろう、と言われたそうです。
確かにかしましいけどね。

彼の家では、親に言って1時間もすれば親戚中が知ることになるらしいので、そろそろ関西地方の家々では噂話しで持ちきりでしょう。
正式にご挨拶したわけではないけれど、いよいよ後に引けないな、なんて気になりました。

今まで彼と2人だけで話していたことが、周囲に広がっていくのは不思議な感じで。
いままで見ていた世界と、少しだけちがった感じがします。
あかの他人同士の家と家が親戚になるのって、やっぱり不思議。
posted by 庵 at 20:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | bridal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。